印鑑供養の方法

◎ 毎月1日は、印章の日 ◎

~大切に使った印鑑だから感謝の気持ちを込めて~
★ご家族の幸運のために事業ご発展のために・・・これだけは知っておきましょう!

印鑑供養について~

印鑑の使い始め

新しい印鑑が届きましたら登録は、吉日三日(大安・友引・先勝)の午前中に神棚に新印を捧げ拝礼・印に守護霊導を祈念します。 終了後、当社鑑定書に押印し市役所、銀行等へ登録に行って下さい。

 

印鑑の押捺方法

『 印は人なり・人は印なり 』といわれますが、その人の人柄が不思議と現れるものです。精神統一し、静かな心境のもとに朱肉を たっぷりつけ、印面の上下を見定めてひらがなの『 の 』の字を書くように祈念を込めて押印ください。

 

古印印鑑の処理

働き終わった古い印鑑は、朱肉をブラシできれいに落とし、清潔な布や紙に包んで、仏壇や神棚または清潔な場所に一定期間(約1年) 一括して保存してから土の中に埋めるか焼却するかしてください。
なお、処分にお困りの方は当社にお送りくだされば印鑑供養の上、当社開運神社にて 丁重の処分して差し上げます。但し、お客様がご自分で供養したい場合は、ご自宅の東側の敷地の人が踏まないところを約30センチ程深く掘って、お塩・お酒でお清めし白紙に包んで 印鑑に今までの感謝の念を込めて“ありがとう”といって埋めてください。

 

印章供養祭

kuyou-1.jpg 平成23年10月1日、印鑑供養祭が六郷町において行われました。当社、社長も参拝されました。 印鑑供養の神事は、神官のもと『四方固め~降神の儀~祝詩奏上~玉串奉てん~昇神の儀~お炊き上げ(焼納供養)~ 献杯』と古式祭礼にのっとり厳かにとり行われました。

表札供養について

表札の掛け方

新しい表札が届きましたら、吉日三日(大安・友引・先勝)の午前中に神棚に新しい表札を捧げ、拝礼・表札に守護霊導を祈念し掛けてください。表札は表面から釘で打ちつけたり、 はめ込んだりすることは避けてください。同封されている釘で、差し込んで下に引いてください。また、釘が使用できない場合は、両面テープにて貼り付けてください。揚げる場所は 玄関の左右どちらでも良いのですが、ご自分が立たれて目の高さより約20~25cm程の上段へ揚げて下さい。

 

姓と名

現在の自己の存在は、先祖の生命の延長です。また、家には必ず家紋があるように、表札にも姓と名の表示が必要条件です。どちらかがかけた表札は 発展性に欠けます。

 

汚れた表札

汚れた表札はすぐ取り替えましょう。そうしないと、せっかくの運勢も前途が暗いものになってしまうかもしれません。

 

古い表札の処理方法

働き終わった古い表札は汚れをふいて、清潔な布や紙に包んで、当社までお送りください。当社では、開運神社にて毎月1日に、丁重に供養しております。

 

 

当社では、毎月1日を印章感謝日と定め、全国のお客様から寄せられる古印を
当社開運神社にて丁重に感謝祭を行っております。

kuyou-2.jpg
 

merchant.gif

kakunin.gif